束縛が激しすぎる演技派の不思議君

30代のKさんより、19歳の頃から1年ぐらい付き合った方のお話です。

とても束縛が激しくメールのやりとりで5分返信がないだけで電話がかかってきたりしていました。常に携帯を持っていないといけないのがめんどくさくなり、その場に置いたまま別の部屋に行って、戻ってきた時の着信履歴は1分間に30件ぐらいの不在着信がありそのうちの何件かに留守電が入っていました。留守電のすべてが「何してるの?」「心配だ」「どこにいるの?」という内容でした。GPSがまだあまり使われていない時だったのですが、返信がないと彼はGPSで私を探していました。○○がGPSであなたを探しています。という通知が私の携帯に頻繁に来てかなりうんざりしていました。

チェーンと鍵

相手への束縛は激しいのに不可解な行動が多く、待ち合わせに1時間以上遅刻した時は理由としてよくバイクで事故ったと言って生傷を見せてきました。そして「胸が苦しい、息ができない」と息も絶え絶えの電話を度々してきました。心配でこちらから電話をかけると繋がらないことが多く、私が電話が繋がらなく心配などとブログに書いたりしていると、それを見た彼の近しい友人が本人に伝え電話をよこすという事が何度かありました。

彼は心臓の病気で手術しないと治らないと言っていました。彼の身体が心配なのに自分からは連絡が取れないという状況に疲れてしまい病気が本当か嘘かわからないけど次電話が来たら別れようと決めました。そしてそれをブログに書いたらすぐ電話が来ましたが、彼の言い分を聞くことなく、心配するのに疲れたので別れると告げてお別れしました。

束縛が激しすぎる演技派の不思議君

包容力のないニート彼氏

20代のSさんより、19歳から2年半くらい付き合ったお相手のお話です。

私が専門学生の頃、同じ学校の彼とお付き合いしていました。社会人になり、学生の時は感じなかった彼のダメ男ぶりを紹介します。就職氷河期まっただ中で私は就活に苦労しました。彼は大手ハウスメーカーに就職が決まっていました。それなのに、他県で行われる研修に行きたくない、ただそれだけの理由で研修当日無断で研修に行きませんでした。社会人として、人としてやってはいけないことですよね。
アルバイト募集の看板その後、地元で仕事を探すわけでもなくいつまでもふらふらと遊んでいました。お金がほしいといきなりバイトを2つ掛け持ちしてみたり…。かと思いきや、正社員になりたいと1週間でバイトを2つとも辞めてしまったりと。

私は営業職として、朝から遅くまで毎日怒られながら働いていました。精神的に心の余裕がなかった私も悪いですが、デートをしているときに仕事のことを思い出して泣いてしまったことがあります。そのとき彼に「一緒にいるときに泣かれたら困る、嫌なら辞めれば」と言われました。包容力のなさに幻滅したのを覚えています。

一人暮らしの私のお金をあてにする実家暮らしの彼。仕事のストレスも重なり8kg痩せました。続けられなくなり、仕事を辞め、彼ともお別れしました。別れて半年くらい経ったとき彼から「もうちゃんと働いているし、昔の俺と違う、より戻そう」と言われたのですが、もちろんその言葉を信じられるわけもなく、顔もみたくないくらい嫌いになっていたのでキッパリとお断りしました。

包容力のないニート彼氏

楽しいけれど、性格に問題がありすぎる男

30代のMさんより、 23歳の頃から3年付き合った時のお話。

フィーリングも合うし色んな所に連れて行ってく私が失恋し落ち込んでいた頃にバイト先で知り合った、3歳年下の後輩から熱烈なアプローチを受けて付き合うこととなりました。れ、夜景や花火大会など沢山の思い出を作ってくれた事は今でも変わらず良い思い出となっています。

散らかった部屋

しかし彼はとても掃除が苦手で、一人暮らしの部屋は汚部屋。冷蔵庫には腐った食品や飲み物、脱いだ洗濯物も溜めたままで悪臭もしていました。彼の母親も彼女が掃除するのが普通という感覚、それを彼女である私に平気で伝える彼氏。将来の事はあまり考えられませんでした。そして金銭感覚がおかしく、お金がなければカードを使用。当然リボ払い。バイトは気が向かなければ嘘を付いて休む。。

全てにおいて適当な人なんだなと思いましたが、一緒にいる時間は本当に楽しかったのもあり、ズルズルと付き合い続けていました。彼も私との将来を考え正社員を目指して就職活動を始めました。真面目に考えてくれているんだ、と嬉しく思い考え直していたのも束の間。今度は夜中に呼び出され何事かと思えば、飲酒運転で捕まって落ち込んでいるとの事。散々飲酒運転は止めるようにと言っていたのにも関わらず止めず、自分が悪いのに落ち込んでいるからと夜中に呼び出す彼氏。ここまできて相当なダメっぷりに嫌気が刺し別れました。

楽しいけれど、性格に問題がありすぎる男

亭主関白に憧れるあまり、束縛し過ぎる彼

30代Tさんより、17歳から3年付き合った方のお話です。

高校2年生の時に、当時野球部に入っていた同級生とお付き合いしていました。彼は社会人野球をされていた父親を尊敬していて、自分も父親のようになりたいと常日頃言っていました。彼のお父さんは昔気質な方で、亭主関白だったようです。そしてそのお父さんを見て憧れているので、妻はこうあるべきという固定観念がものすごく強い人でした。そしてお父さんが好きだったさだまさしの関白宣言の歌詞のように自分も生きたいとも言ってました。

上下関係のイメージ

まだ高校生と若かったこともありますが、束縛や自分の思い通りにならないと強い嫉妬や憎しみを人一倍感じる人でした。私は吹奏楽部に所属していて、三年生最後の夏の野球応援の日がちょうど大学のオープンキャンパスと重なってしまい行けないと伝えたら、ひどく怒って大げんかになりました。それからしばらくの間、とっくに過ぎたことなのにずっと、大学を優先させたとネチネチ言ってきました。

そして大学生になり、彼は野球部の寮生活、私は大学へ進学することになりましたが、事あるごとに大学の悪口や大学のことで帰宅時間が遅くなると怒るようになりました。亭主関白の理想だけがとても強過ぎて、自分のことがまだ若いから客観的に全く分かってないので、理想と彼の器の狭さに呆れてしまい、そのままお別れしました。本当に窮屈な時間でした。。

亭主関白に憧れるあまり、束縛し過ぎる彼

変にめんどくさい年上フリーター男

20代のKさんより、19歳の時に3ヶ月ほどお付き合いした方のお話です。

付き合ったきっかけは友達の彼氏からの紹介でした。私は大学生。相手は5つ上でしたがフリーター。アプローチされて、まあこの人とは結婚することはないなと思いましたが付き合ってみました。性格的にはサバサバした感じで、人前でいちゃいちゃしたりはせずに面白い人でした。けれど、特に水族館や映画をみたりするといったデートらしいデートを1回もしてくれず私は少し不満でした。

雑然と置かれた靴

 

しかも変なところが細かくて、私が自分の脱いだ靴を揃える時に彼が脱いだ靴も絶対に揃えないといけないなど、めんどくさいなと思うところもありました。けれど年上だし、亭主関白感を出したいのかな?と思って細かいことにも従っていました。けれど、お金に関してはフリーターなのであまり出したがらない。私が半分だすよ、と言って自分が出すと断ってきて出してもらうと後からぐちぐち。

めんどくさいなと本当に思い始めて、そろそろ別れようかなと少しずつ考えていたときに、彼の方から急に別れようと言われました。理由を聞くと、彼にお金を出させすぎるとのことでした。半分弱でしたが出していましたし、払うよと言っても断ったり、人前だと嫌かなと思って後から言ってもいいと言っていたのに結局なんだったのととてもイライラしました。

変にめんどくさい年上フリーター男